コロナ禍においての現状と未来

1ヶ月に1記事もあげていないのは、流石にヤバいなというキモチとは裏腹にお店の「冬のグランドメニュー作成」と毎年恒例10月1日から31日までの「ハロウィンスペシャルメニュー」の作成で、全く書く暇がないブログ。

ハロウィンイベント期間の1ヶ月間もお店でもコスプレしながら営業したりとか、色々と準備もあり、ブログ書けず(泣)

当店のこういったイベントやコスプレ等、お客様方には好評で、やはりどういった形でも非日常間を味わいたいといった方が、数多く見られます。

内装もバリバリのハロウィンスタイル。12月からはクリスマススタイルへ模様替え。と色々と忙しい下半期。

f:id:ZAKU2:20200826115634p:plain

新型コロナのせいで、国の支援策関連の資料作成も大量。作成して申請しても不備があり、中々審査が通らないものも多々あり、精神的にも参ってきてしまいます。

 

そんな中、サブブログの方もだいぶ放置してしまってますが、収益がなんとなく発生してきて、ちょっと嬉しい日々です。YouTubeの動画編集も全く出来ず。

「冬のグランドメニュー」と「ハロウィンメニュー」の作成が終わったら、バリバリ再開しよう!

と、思っています。

という【日記】

 

 

 

おわりにーーー

今、どの業態の方も思っている事と存じます。

新型コロナもいつまで続くのか。流石に全然戻ってきません。お客様。

個人的見解としては、少なくともあと2年くらいは、この生活様式自体は変わらないんだろうなぁと思っております。マスクをつけながらの営業は中々暑いです。

厨房でフライパンでガンガン煽りながら調理したり、ローレンジでガラスープ強火でつけてたり、茹麺機つけてたり、高火力の中華鍋を強火で炒めてたり、オーブン300℃でつけてたりを同時に進行している週末なんて、ハンパじゃないです。

厨房温度50℃くらいにはなっていると思うので、その中マスク着用で作業。。。

いつもスタッフも頑張ってくれています。大変ですな。

 

ただ、あと10年後・・・10年もかからないとも思いますけど、いつの日かホールスタッフも厨房スタッフもいらなくなって、店舗に誰か1人いれば飲食店なんて成り立つんだろうなぁとも思います。

今スタッフがやっている通常業務。多分全部出来ます。機械で。

大手、ベンチャーもどんどんスリム化してきて、コロナ禍になっていなかったとしても、IT関連やネット関連のビジネスはテレワーク・リモートワークにシフトしていった事と思います。

仕事を在宅で出来るテレワーク。将来的に在宅が慣れて来て、どこでも仕事が出来る「ノマドワーカー」が増加してくれば、リゾート地や、観光業界の需要も増加していきます。もっとみんな外食に出ればいいのに。と日々思っております。

f:id:ZAKU2:20200826115706p:plain

日本は「朝食」を外食で食べるという文化が、全く根付いていないというのも現実で、このコロナ禍でブランチ用としてのメニューを作ったところで、誰が来るわけでもないのもわかります。

というより全国的に、大手を含めて、個人もですが、増えすぎです。飲食店。

年内、来年あたりで拡大し過ぎた大手チェーン店は閉店を余儀なくされていく事と思いますが、これもコロナ禍になっていなかったとしても、現実的に閉店は免れなかった事だと思います。現状、飲食業界の人手不足が懸念されていて、個人店でも人手が足りなくて、お店を辞める方も年々増加傾向にあります。

ただ、あと数年後にはその人手不足という一番の問題も資金がある大手では、オートメーションの導入で解消される事でしょう。

外食産業全般を通しては、1971年にPOSレジが日本に来てから、大きな変革を遂げて来ました。

ちょうどそのPOS革命から50年後が来年の2021年となり、早くて年内、来年にはまた新たな大きな変革が起きる事は間違いないと思います。

今般、5Gも始動し、スケジュール的には2023年には全国が5Gでリンクしているという事です。

これに伴い、既存の「仕事」と呼ばれる職業全般がどんどんなくなっていき、新しい職業もどんどん増えて来ています。そこには、今でこそ日本も諸外国と比較すると、だいぶ遅ればせながら、テレワーク化がちょっとずつ進んできて、テクノロジーもどんどん進化してきています。

外食産業問わず、はたまた交通機関全般等も、数年後か数十年後には、全て運転手のいらないものになりますし、早ければ来年再来年あたりに「maas」が日本にも導入される事は間違いないとも思います。「nommoc」も今や東京圏で、軌道に乗せつつありますが、昔で言う「フリーカー」みたいなシステム。多分そんな一朝一夕で上手くいくとも思えません。

f:id:ZAKU2:20200826115728p:plain

無料タクシー。というより、何か買ったとき、何か使用した時に発生する「お金」。これ自体もその場で、現金で支払う。キャッシュレスで支払う。という事自体がなくなるとも思います。

今現在の少なくとも、お会計と呼ばれるものの50%くらいは「サブスク」で可能な事ばかりで、そこには企業努力とあくまで利益が発生しないと企業側も乗り出せないという事が「サブスク」の導入に大きく踏み出せない事と思います。

24時間稼働の人を車で運んでくれる配送会社が出来て、もちろん無人タクシー。運転手がいないので、人件費は最初の初期投資のみとメンテナンス費用だけ。これを「サブスク」で使えるともなれば、自分で車を乗る必要も買う必要もなく。

これが数年で難しいとなれば「カーシェア」がもっと普及してくれればいいなぁ。とも思います。

現在車に乗って出勤している方とか、自分もですけど、家族がいたりとなると別ですが、1人乗り用の車がもっと普及しても良いのではないかと思っております。

大体の車が4人乗り。出勤する時、どこかに出かける時。助手席と後部座席。誰も乗っていないという現実。全く意味がない空間だと思います。さらには、ネットで調べると日本だけのデータでも自動車の平均稼働率が5%くらいというのもヤバいです。

めちゃくちゃ車が走り回っている様に見えますが、95%くらいの車達はただただ寝ているというのが事実です。

こんな経費がかかる資産を所有しているのであれば、車所有していないほうが、出費が少ないのではないか。と考える様にもなりました。

 

 

ーーー人間誰しもが、自分の趣味・特技・知識・得意な事・好きな事を話す時は、延々と話したくなりますね。さらに、その話に対して誰かが興味を持ってくれて、質問とかされるとドヤ顔で話し続けますね。

お酒が入っていれば余計で、自分が話したい事を話す。自分の知識を話す。いやー多いですね。男性に多いですね。普段は上司や目上の人に言えない事も言ってしまうのではないでしょうか。私もそうですね。

 

今まさにその賢者タイムみたいなモードに入りそうだったので辞めます(笑)

もう軽く入ってましたけどww

とりあえず、おわりにーーーが長かったです。

 

長々とお読みいただきありがとうございましたm(_ _)m